Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

prays*jewels

07
2017  09:04:06

ヴィンスワロ

またまた覚書として。

集めたヴィンスワロ・スワロの仕分けに四苦八苦。

ヴィンスワロなのか、復刻カラーなのか、レアカラー、特注カラーなのか
調べようもなくなっているものが溢れてきてしまって

ヴィンテージスワロフスキーは、オーストリアで30年以上も前に作られたガラスストーン。
現代物にはない優しい輝きと、レトロな色が特徴です。
また”ヴィンテージスワロ”と言ってもスワロフスキーの世界では廃盤カラーとなったものであれば製造から30年経ていないものも”ヴィンテージスワロ”という呼び名になりますので
すごく奥深くて知識が追いついていきません


S__22847503.jpg


角度によって全然色が違って見えるし、これの似たのが2種類あって、カラー名がどちらなのか・・。
角度によって、乳白色のブルーの中にきらりとオーロラのように輝きも感じるヴィンスワロレアカラー。
ゴールドフォイルがヴィンテージ感アップで手持ちのヴィンスワロでもお気に入りです。

ホワイトオパールスカイブルー
ホワイトオパールスターシャイン

どっちなんだ・・

調べなきゃ

という、メモ的記事でした


個人的には名前なんてどっちだっていいし作品制作にも困ることはないのだけれど
また、販売に関しても、どちらかというと見たままのデザインやカラーで見ていただきたいのと
カラー名をあえて入れると、製作できる方は自分で調べて素材として購入することも容易になってしまうので
正式のカラー名で特別ご案内申し上げるものでもないとも思っていますが、『自身で追加購入したいときに困る。』これが一番の悩みです

って、でも、販売しているところでもヴィンテージレア・廃盤となると正式なカラー名の表示がなかったりもするんですけれどね

「なんか安っぽい」とか、「手元で見て好みじゃなかった(ネットで買ったもので)」「服に合わせにくい」など
気に入らなかったら取って置くと収拾つかなくなるので、捨ててしまったりもしますが
それでもなかなかの量になってきているので仕分けにいつも悩んでおります・・。

今、製作は極力せずにお片付け中。



ONLINE SHOP

https://praysjewels.stores.jp

http://www.iichi.com/shop/praysjewels





Instagram


関連記事
スポンサーサイト

 覚書

0 Comments

Leave a comment