Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

prays*jewels

11
2016  23:25:54

Swage chain

スウェッジチェーンのこだわりについてです。

商品の説明欄に「作業がかなり細かく、自分でも「なんでそんなことしようと思った!!」とかなり苦戦し、取り掛かる度に後悔するほどのチェーンの処理作業となりますため
一点ものではございませんが再販要求にはお応え致しません。」

と掲載させていただいておりますが、具体的には二種類の処理方法のあるチェーンです。

こちらがその二種類。
10572306_3.jpg
※画像は素材屋さんよりお借りしてまいりました。


ハンドメイドアクセサリーでよく見かける処理は主に右の画像です。

最近ようやく左の処理の方法を伝えている素材屋さんも出てきたのですが、(とはいえ私の処理法とは異なります。)数年前までは右が一般的で
個人的にこれがどうしてもチープに見えて嫌いなので、よりジュエリーに近い処理ができないかとフレンチロープやスウェッジなど私物制作でK18素材に使う技法で左の方法を取っておりました。

真鍮ゴールドの素材なのですが、K18以外で、K10や14kgfなどで見かけることがないのがとっても残念なのですが
見た目にこだわることでラグジュアリーな雰囲気が楽しめてgood

繊細な作業で右の処理よりも格段に時間も使い神経も使い
じつは私はすっごく視力が悪いので
制作のためにといっていいほど、あ、でも映画の字幕にも便利←
敢えて強く眼鏡を作っています

コンタクトの日は制作そのものをしません。

また素材同士を繋いでいく丸カンなども極小さなものを使うようにして、細部に他と差をつける仕上がりのジュエリーっぽさを追求しています。


0331111.jpg

どうでしょう。
とても小さなこだわりですが、アクセサリーとされる部類特有の「安っぽい」といった雰囲気を排除する仕上がりになっていませんか?

手間をかけて丁寧に仕上げることで見えてくる大人がしていても違和感のない作り。
pjのこだわりです!




ONLINE SHOP

https://praysjewels.stores.jp

http://www.iichi.com/shop/praysjewels


Instagram
関連記事
スポンサーサイト

 情報

0 Comments

Leave a comment