Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

prays*jewels

26
2015  12:35:06

素材について

それでは今回はpjで取り扱いの素材についてです。

SHOPでは14kgf素材をメインにずっとやってきて、現在はsilver925の作品もあります。
(以前はK18・K14・K10の作品も置いていたのですが、現在お取り扱いはございません。)

只今活動させていただいておりますminnneさんやiichiさんのほうでは
大きく分けてK18・silver925・14kgf・16KGP・合金鍍金

もっと幅広い素材にて作品を発表させていただいています

日常のお手入れについて
どの素材にも共通するポイントは3つです!
①メイク、香水等をつけてしまわないようスタイリングの後にアクセサリーを身につける。
②外したらすぐに柔らかい布などで一拭きする。
③pjでは原則ジップ袋を付属しておりますので、なるべく単品でそちらに収納。

ジュエリークリーナーが使用できる素材K18・silver925・14kgfについては洗浄可能。
16KGP・合金鍍金につきましては日常のお手入れをしっかりして頂き酸化がはじまるとそれを止めることはできませんので寿命とお考え下さい。
(肌トラブルのご心配がない方はアンティーク風に育てる感覚のデザインですとそのままお使い頂いて結構かと思います。)

アレルギーのお話をすると、ジュエリーについている金属の一部は、汗や体液でわずかながら溶けます。
溶けた=イオン化した金属がは体内取り込まれると、次に同じ金属が接触すると免疫のはたらきで異物だと記憶され、拒絶反応を起こすようになり、かゆみ、赤みなど、皮膚がかぶれる状態(アレルギー性接触皮膚炎)となり、この症状を金属アレルギーといいます。

冬場は特に感じないのに、夏になったらトラブルが起きることを感じる方が多いのもこのためです。

個人差がございますので変色する、しない、アレルギーが起る、起きないとは申し上げにくいのですが
K18についてはやはり安心感があります。
silver925については混ぜ物により変わってまいりますがpjでは私が使用してトラブルのあるものは使用していません。
14kgfについては一度もトラブルを招いたことがないのですが、最近本当に14kgf?という粗悪品もよく見ます。。素材についてはかなりシビアに厳選しているつもりです。

16KGP・真鍮合金についてですが、正直、永く楽しみたいと思われる方、アレルギーがあると思われる方には不向きな素材です。
安価に楽しむためのものとして割り切って頂きたい素材となります。

さて、まとめると・・
○汗をかかない!
○メンテナンスは丁寧にまめに!
○ハイジュエリー(ここでは私の感覚ではK14以上の感覚ですのでpjでのお取り扱いはK18・silver925を指します。)以外はいつか飽きたら捨てる覚悟を

と現実を見たくないことを言って見ます←

14kgfについてアンティークの輝きのすばらしいものも存在しますし欧米ではハイジュエリーと区分されますが
正直に、、そこまで保つためには頻繁に、念入りに、神経質なまでのメンテナンスと保管が必要です・・

正しく自分に合ったものをお選び頂き、お気に入りのアクセサリーを長くきれいに快適に使ってくださいね。

お買い物の参考になりましたら幸いです






関連記事
スポンサーサイト

 情報

0 Comments

Leave a comment